忍者ブログ
書き溜めた歌詞の倉庫。もしかしたら曲をつける日がくる…かも。 重音テトの曲を作っています→http://www.nicovideo.jp/mylist/18143950
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

歌詠み用アカウント(@hoiru_utayomi)でつぶやいたもののまとめ。

【綺麗な短歌】
逆さまにただおちていく夢を見る レースのカーテンたぐり寄せつつ

闇雲に貴方に向ける狂信の お代は涙何粒ですか

開けないで その箱の中 悲しみと 怒り 諦め 詰まってるから

TLを泳ぐ魚は幾色の淡い絵の具を水に溶かして

水筆の中に魚を飼い殺し塗る海原は何色だろう

「香蕉のおやつか否かを答えなさい」「普通にバナナとおっしゃいお馬鹿」

高笑の声を響かせ暖かな民家の明かり淡く灯るよ

宇宙水槽の水面(みなも)にストローを挿してため息吹き込む神々

「あの人」が「この人」になりまたいつか「あの人」になる日まで隣に

羊水の中で溺れる夢を見る 来世こそはと祈り念じて

見上げれば剣のような三日月が我を突かんと息を殺して

三つ巴 囲む乙女のつま先で甘く踏まれてどこどこ往くの

唇をそっと合わせて下向けばそこだけ国境線が消えてる

五月雨は食べられない、と君が言う 今日は春雨サラダにしよう

ごうごう、と夜食い荒らす雨風の声は母胎の音に似ていて

膨らんだお腹に蜜を垂らしつつ「ハネムーンだ」と君は微笑む

冷えきった部屋でケータイだけがただ静かに熱を放ち震える

もうそんな季節なのかと玉ねぎのサラダを見やる5月の夕げ

「死にたい」の言葉を「裸足で逃げたい」に変えると何故か涙こぼれる

「いきるいみ」の 中には「きみ」が入ってて 残りの「いるい」はむしろ邪魔かな

ねぇあんた、いつまでくるまってるつもり?過去という名のぬくい毛布に

人の波 有象無象の双眸が 割れた鏡の破片に見える

真夜中のコンビニにひとり 店員もいない 人いない コンビになれない

寂しくてキスがしたくて真っ黒な画面に唇押し付ける夜

人でなし 人でないなら何になる 骨になりたい あなたの横で

味のないガムを噛むよな人生だ 吐き出すことも許されぬまま

【下ネタたんか】
三つ巴 囲む乙女のつま先で甘くなぞられひくひくするの

ムチムチとやわらかなその腰回り 月を描いて君はふるえる

【綺麗な都々逸】
まるで流れる歩道のように追い立てられて生きている

バスも電車も寝静まる夜 君のピンチにチャリで来た

熊の衣に 身体を隠し 抱いて下さい 今すぐに

ぬしの唇流れる血糊 そっと伸ばして紅にする

テストに出ずとも教えてアゲル 放課後ナイショのお勉強
(@dodoitsu_: 勉強したのにテストに出ない いくらなんでもあんまりだ(・д・)への返歌)

里の「絆」が心を縛る 錆びた鋏を貸しとくれ

次は時計を持たずにおいで おとぎ話の白うさぎ

己以外の他人の手では 癒えることない傷もある

母が伝えた口承の唄 田畑遠くに口ずさむ

立ち入り禁止の姥捨て山に 僕の身体を横たえる

君と私を合い挽きにして 混ざり合いたいハンバーグ

グラスの飲み口かちりと合わせ 少しだけでも混じりあう

花はももいろお空は天気 私の心はどどめいろ

泣いてる子供を見るたび想う すすり泣いたはいつからか

黙って小指の付け根を噛んだ 誰も傷つけないように

制服姿を見せても君は「どうせ脱がす」と気に留めぬ

制服姿の布地の下に隠す逢瀬の赤い痕

制服姿の君しか知らず まぶたの裏で着せ替えす

魔女が集いし枯野の山に一つ花火がこだまする

幸せの 青い小鳥は 彼には猫に あの子には豚に 見えるらしい

雨の降る夜逢い引きしましょ 君の残り香落とすため

グレトナ・グリーンが結んでくれた 逃げる二人の赤い糸

月が綺麗だお酒がうまい 酔いが回って狼に

窓に口寄せ望月を飲む 淡いレモンの味がする

月見うどんを食べつつ思う 明日まで乾け 濡れた靴

君の心が満月ならば一つ増やそうクレーター

ごぽり、ごぽりと残った水が耳で奏でる海の音

種も仕掛けもある訳ゃないが 主の唾液が惚れ薬

電子レンジでふくらむ夢はさめていくのもはやかろう

人の涙はこの世の美酒よ 嘆くふりしてほくそ笑む

功徳口説いて「くどい」と言われ 九度もくどくど愚の骨頂

食紅を遊女気取りで唇に乗せ羽織る白衣は左前

大人同士のシーソーゲーム 相手沈ませご満悦

知らぬ赤子の泣き声聞いて 泣けぬ我が身が掬われる

【下ネタどどいつ】
気合い入れても身体は素直 じっと白旗勃てている

出さずに達する気分はどうだ 後ろ責められ不発弾

無駄毛処理した背中を晒し 今夜貴方に踏まれたい

踏めば踏むほど膨らむ生地を 今夜貴方に踏まれたい

赤いヒールを綺麗にねぶり 今夜貴方に踏まれたい

甲羅模様に身体を絞り 玄関口にて主を待つ

(「俺にそういう嗜好はない」と 苦笑されるが関の山 #げんじつ)

遮光カーテン素早く引いて 「夜が来たね」と君を食う

フローリングに張り型を立て 首輪投げ入れ暇潰し

おてむてむ 別に大きくなくてもいいの 私のサイズに合うのなら

主の股間の満月二つ袋に入って雲隠れ

夜の出店にずらりと並ぶ フランクフルトに紛れ込む

祭り囃子を遠くに聞きて 稲荷神社に紛れ込む

舌を絡めて感じた熱で生理周期を測る彼

【企画「市立都々逸中学校」】
(まとめはこちら→http://togetter.com/li/321428

通学路 風でめくれた布地に潜む色で占う今日の運

雨にしっとり濡れてるシャツが透けて水玉顔を出す

教科書のひょんな単語によからぬことを思い授業はそっちのけ

ぱ、パス一回!視線泳がせ 真面目なあの子にSOS
(@dodoitsu_: 聞いていますか ほら双葉屋くん 問の二十を解きなさい への返歌)

お昼の放送終わったあとの放送室は秘密基地

女子の机においてけぼりのパック飲料見つめてる

居眠りしてても手は股の上 うっかり元気を出さぬよう

ちらり横目で 眺めてみては 心のテープに ●RECする
(@_mininchu_poem: 女同士で スカートめくり 男子も喜ぶ あの廊下 への返歌)

赤ちゃんはどこから来るのか教えてセンセ …ってアイツが言ってたよ

こっそり忍べば行けたりするか 先生誘って出直すか
(@sakutukixxx: 肝試しとか七不思議とか子供の余地はないものかw への返歌)

あれれおかしい 三階建ての 校舎の階段 増えている

計算するのが面倒なので重ね合わせて測ります?
(@dodoitsu_: 君と先生の朝勃ちの 角度を求めて差を出しなさい への返歌)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]

Template by wolke4/Photo by 0501
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
うたの日カレンダー
最新CM
[10/04 リューミ露花]
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R